一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

経気管支肺生検で診断し3年間観察しえたpulmonary epithelioid hemangioendotheliomaの1例

野口 真吾 矢寺 和博 西田 千夏 川波 敏則 石本 裕士 迎   寛 

産業医科大学病院呼吸器内科

要旨

症例は18歳,男性.自覚症状はなし.健康診断での胸部X線写真にて数mm〜1 cm大の多発結節影を指摘されたために,産業医科大学病院呼吸器内科を受診した.経口抗菌薬を投与されたが陰影は改善せず,血痰が出現したため,精査目的で同科に入院した.入院後,気管支鏡検査にて左S5より経気管支肺生検(transbronchial lung biopsy:TBLB)を施行し,病理所見にて細胞質内の空胞形成や空胞内に赤血球を認める,核異型性が増した腫瘍細胞を認めた.免疫染色では,これらの腫瘍細胞は血管内皮マーカーであるCD31,CD34,factor VIIIがいずれも陽性であったことから,pulmonary epithelioid hemangioendothelioma(PEH)と診断した.PEHは非常にまれな疾患であるが,TBLBで確定診断に至った症例の報告はこれまで国内外を含め3例のみである.若干の文献的考察を加えて報告する.

キーワード

経気管支肺生検 肺類上皮血管内皮腫 多発結節影 血痰 

Received 23 May 2011 / Accepted 8 Nov 2011
連絡先:野口 真吾
〒805-0855 福岡県北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1
産業医科大学病院呼吸器内科

日呼吸誌, 1(2): 124-128, 2012

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.