一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

漢方治療が奏効した全身症状を伴うサルコイドーシスの1例

村井 政史a 山口 哲生b 三潴 忠道a 矢野 博美a 犬塚  央a 田原 英一a 

a飯塚病院東洋医学センター漢方診療科
bJR 東京総合病院呼吸器内科

要旨

症例は44歳男性.当科入院の7年前にぶどう膜炎症状で発症し,その後両側肺門リンパ節腫脹が認められ,諸検査結果からサルコイドーシスと診断された.5年前から両肺野に粒状影と浸潤影が出現して次第に増悪し,副腎皮質ステロイドホルモン薬や免疫抑制剤,抗菌薬などの西洋医学的薬剤が投与されたがさまざまな副作用のために治療を継続できなかった.痛み,しびれ,下痢,全身倦怠感,息切れなどの全身症状の悪化に加えて肺病変がさらに増悪したために漢方治療を試みることとなり,当科に紹介され入院となった.漢方医学的な病態を把握して漢方薬を投与することにより,全身症状は軽減し,胸部X線像でも明らかな改善が認められた.西洋医学的治療が無効もしくは継続使用できない進行性のサルコイドーシスに対して,漢方治療を試みる価値があることを示した1例である.

キーワード

サルコイドーシス 全身症状 漢方 治療 

Received 16 Feb 2011 / Accepted 8 Sep 2011
連絡先:山口 哲生
〒820-8505 福岡県飯塚市芳雄町3-83
飯塚病院東洋医学センター漢方診療科

日呼吸誌, 1(1): 9-13, 2012

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.