一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

画像診断

空気塞栓を発症したCTガイド下肺生検の3例

鈴木 宏依a 四方田真紀子a 橋本 佳奈a 高木 康伸b 細見 幸生a 

a東京都立駒込病院呼吸器内科
b同 放射線診断部

要旨

CTガイド下生検は肺病変の診断に対して有用な生検方法である.当院で経験した3例の空気塞栓の症例について空気がどのくらいの時間で,どのように移動し消失するのか臨床経過を追うことができたため報告する.3症例はCTガイド下生検直後に,冠動脈空気塞栓や腎動脈空気塞栓を認めたが,数十分の安静による経過観察で臓器障害を残すことなく改善した.CTガイド下生検は動脈塞栓を発症しうるが,安静によって後遺症を残さずに回復する場合がある.空気塞栓を発症した場合は対応方法と臨床経過を把握しておくことが重要である.

キーワード

CTガイド下経皮針生検 空気塞栓 合併症 

Received 12 Apr 2020 / Accepted 17 Nov 2020
四方田 真紀子
〒113–8677 東京都文京区本駒込3–18–22
東京都立駒込病院呼吸器内科

日呼吸誌, 10(2): 202-205, 2021

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.