一般社団法人日本呼吸器学会 公式サイト
ScholarOne Manuscripts
日本呼吸器学会英文誌 Respiratory Investigation
日本呼吸器学会誌 増刊号 学術講演会プログラム 抄録集

書誌情報

症例

Schizophyllum communeによるsinobronchial allergic mycosis(SAM)syndromeが疑われた1例

山村 健太a 大倉 徳幸a 小川 晴彦b 西川 晋吾c 原  丈介a 笠原 寿郎a 藤村 政樹d 

a金沢大学附属病院呼吸器内科
b石川県済生会金沢病院呼吸器内科
c金沢社会保険病院呼吸器内科
d国立病院機構七尾病院呼吸器内科

要旨

症例は68歳,女性.慢性乾性咳嗽を主訴に金沢大学附属病院を受診した.副鼻腔単純X線写真で上顎洞に液体貯留,胸部CTで舌区に高吸収域を示す粘液栓,気管支鏡検査で舌区気管支に茶褐色の粘液栓を認めた.粘液栓には好酸球の集簇と糸状菌を認め,Schizophyllum communeと同定された.S. communeに対する沈降抗体と特異的IgE抗体が陽性で,S. communeの抽出粗抗原による吸入誘発試験も陽性であったため,S. communeによるアレルギー性気管支肺真菌症(Sc-ABPM)と確定診断した.Sc-ABPMに対する治療で副鼻腔炎も治癒したことから,sinobronchial allergic mycosis(SAM)syndromeの可能性が示唆された.

キーワード

アレルギー性気管支肺真菌症 スエヒロタケ 咳喘息 アレルギー性真菌性副鼻腔気管支症候群 

Received 22 Feb 2013 / Accepted 7 Aug 2013
連絡先:山村 健太
〒920-8641 石川県金沢市宝町13-1
金沢大学附属病院呼吸器内科

日呼吸誌, 3(3): 380-384, 2014

Google Scholar著者名・キーワードは「Google Scholar™ 学術文献検索」の検索結果へリンクしています.